日本最古の私鉄「南海電鉄」が挑む「DX」への取り組み | 音声合成技術「ReadSpeaker」を案内放送で採用

導入事例
2022年04月26日
南海電鉄導入事例 OGPバナー

日本最古の私鉄である「南海電気鉄道株式会社(以下=南海電鉄)」。同社の前身である「阪堺鉄道」が設立されたのは1884年であり、蒸気機関車が元祖です。

 現在は、大阪の中心地「難波」と「関西国際空港」を結ぶメインラインとして、特急車両「ラピート」を運行。「レトロフューチャー」をコンセプトにした車両デザインは大人気です。

 また、難波と和歌山県の「和歌山市」「高野山」を結ぶ路線は、海あり山ありで「表情豊か」な景色を眺めることができます。

 その「南海電鉄」が、「案内放送」を、人間の肉声から「音声合成技術『ReadSpeaker』」に段階的に切り替えることになりました。

 確かな品質を提供する「ReadSpeaker」を選んだ経緯を、ご担当者様にお伺いしました。 


- この度TTS(音声合成)を使用して、駅の「案内放送」を行われる、とのことですが、導入までの経緯を教えて頂けますか? -


駅の「案内放送」の変更について、もっと柔軟に対応していきたい、という想いがありました。 鉄道には、「ダイヤ改正」があり、その度に追加音源が必要な場合には、案内放送の音声データをナレーター業者に依頼して作成していました。その作業は膨大で、コストや納品の期間などの対応に問題が発生していました。

 そこで、大手企業でも導入されている「ReadSpeaker」について調査を始めました。


- TTS(音声合成)の、どのような点を重視されたのですか? -


まずは、当社のスタッフが音声の品質を確認しました。その結果、南海電鉄でも使用できる、高いレベルの品質であることが分かりました。

 また、コストの面において、今までのナレーター業者への依頼によるデータ作成よりも、充分にコストダウンが見込めることも確認できました。なによりも、ダイヤ改正の音声メッセージの対応は、ナレーター業者に依頼することなく、南海電鉄のスタッフが自分たちで作成できるので、納期の短縮も図れます。


- 導入にあたり、どのような場面での使用を想定されていますか?-


駅の「案内放送」において、「上り」と「下り」の音声を「男性」と「女性」に分け、直感的にわかるように使用します。また、それぞれの性別に「日本語」のほかに「英語」も追加して、海外のお客さまにもスムーズにご利用頂きたいと思っています。 


- 「ReadSpeaker」導入にあたり「克服」しなければならない「障害」などはありましたか? -


まずは「ReadSpeaker」の「speechMakerDesktop」の操作方法を覚える必要がありました。用意して頂いたトレーニングをスタッフが受講し、南海電鉄内で、データを作成できるようにしました。

 初めての経験でしたので、不慣れな部分があり、労力を要する部分はありましたが、無事に社内でデータを作成することに成功しました。

 導入1駅目では、様々なパターンを想定して、非常に多くの音声データを作成する必要があり、ここでも労力が必要となりました。
しかし、一度パターンを作ってしまうと、2駅目からはそのデータをもとに作成出来るので、スムーズに作業がすすみました。

まずは、2022年3月に「岸和田駅」「りんくうタウン駅」「三国ヶ丘駅」で導入を開始します。


- 今後の展開を教えて頂けますか? -


南海電鉄では、今後も駅の放送装置の入替えのタイミングで、各駅の「ReadSpeaker」の採用駅を増やしていきたいと考えています。


●日本最古の私鉄である「南海電鉄」。新型コロナウィルスの影響で、乗客減などの影響がある中、スタッフの労力を軽減し、またデータ作成のコストダウンを図ることで、経営改善に取り組まれています。
 多くの交通機関などで使用され、業界内でも高い評価を得ている「ReadSpeaker」の導入により、より便利に、使いやすい鉄道会社に成長していかれることと想います。 


ReadSpeaker®について


ReadSpeaker(旧VoiceText)はDNN(ディープニューラルネットワーク) を使った⾳声合成, ⼈⼯⾳声ソリューションを開発しています。
20年以上前から⾳声合成、読み上げソフト等の開発を⾏っており、⼤⼿企業をはじめとして国内1,700社以上、グローバルで10,000社以 上にご利⽤いただいています。


本リリースに関するお問い合わせ先

HOYA株式会社 MD部門
ReadSpeaker SBU
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:
https://readspeaker.jp/

 公式Facebook:
https://www.facebook.com/readspeakerjp/

 公式Twitter:
https://twitter.com/readspeakerjp/ 


※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 <会社概要>
事業部名:HOYA株式会社 MD部門
事業部所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1

 「ReadSpeaker®」は HOYA株式会社 または HOYAグループ会社が保有する 日本国およびその他の国における登録商標です。

写真はイメージです。実際の製品、サービスとは異なります。

音声合成ソフトウェアに関するお問い合わせ HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker 03-6479-7182 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00
Web読み上げサービスに関するお問い合わせ リードスピーカー・ジャパン株式会社 03-6368-5254 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00