HOYA株式会社(本社:東京都新宿区、代表執行役CEO 鈴木洋)MD部門ReadSpeakerは、東海旅客鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 金子慎)の新幹線車内及び駅構内タブレット放送音声案内の音声にReadSpeakerの音声合成(text-to-speech, TTS)が2020年1月から採用されていることをお知らせします。

 

 

「多言語翻訳アナウンスサービス」とReadSpeakerの連携

JR東海に採用されたアドバンスト・メディア社の「多言語翻訳アナウンスサービス」は、音声認識、またはタッチで4か国語(日・英・中・韓)の翻訳結果の呼び出しが可能で、従来の放送と併用して新幹線車内及び駅構内に放送用タブレットを用いて高音質な音声合成によるアナウンスを行います。この「多言語翻訳アナウンスサービス」にReadSpeakerの音声合成ソフトが搭載されています。

ReadSpeakerの音声合成ソフトをアプリに組み込むことで、定例の案内放送だけでなく状況によって変化する案内放送を即時に音声にすることが可能になり、様々なシーンに音声で対応することができるようになりました。またReadSpeakerは多言語に対応しているので、日本語と外国語の両方で案内することが可能になりました。 

 

 

音声案内 x ReadSpeaker

ReadSpeakerのシンプルなAPI群は、言語・話者を問わず共通化されており、効率良くかつスピーディーな開発を実現します。テキストデータから簡単かつ動的に音声を作成することが可能で、様々なテキストを即時に『声』としてユーザーに伝えるのに最適です。

 

 製品ページ

 

ReadSpeakerについて

ReadSpeaker(旧VoiceText)はHOYAの音声合成関連製品のグローバルのブランド名称になります。

ReadSpeakerの音声合成ソリューションは日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ等で展開しています。IVR、車載機、AI対話サービス、放送、Web読み上げサービス等の様々な用途でご利用いただいています。 

 
 

本リリースに関するお問い合わせ先

HOYA株式会社
MD部門 ReadSpeaker
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:https://readspeaker.jp
公式Twitter:https://twitter.com/readspeakerjp

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
 
 

会社概要

事業部名:HOYA株式会社 MD部門

事業部所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1