「博多弁」「大阪弁」がVoiceText「音声合成の声優事務所」に登場
~キャラクター性の幅を広げる方言音声合成~

製品情報
2016年10月04日

HOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役 大原幸男)音声ソリューション事業部は、VoiceText新コンセプトサイト「音声合成の声優事務所」を更新し、方言音声合成キャラクター「博多弁・かんな」「大阪弁・なお」を追加、サウンドストーリー第3話を追加したことをお知らせします。

音声合成の声優事務所 onseigosei no seiyujimusho 新キャラクター 博多弁 かんな 「なかよくせんね」&大阪弁 なお「ほな、よろしくな」

博多弁・大阪弁の方言を音声合成で実現

VoiceTextの新技術「喋り方の変更」により、「声質」と「喋り方」を組み合わせることが出来るようになりました。
博多弁・関西弁などの方言と組み合わせて訛らせたり、語尾をネコ言葉にして可愛らしくしたりなど、幅広いオリジナルのキャラクター音声を作成することが可能になりました。

SOUND STORY 第3話「かんなのお願い」

とある博多の田舎道、待ち合わせをしたツナとかんな。
二人きりで話す中で、ツナがかんなから頼まれたドキドキなお願いとは?
『音声合成の声優事務所』のキャストが博多弁混じりの青春コメディ風コントをお送りします!

是非、第3話をお聞きください!

音声合成の声優事務所とは

近年、技術が急速に進歩し、これまでの産業分野だけでなく、さまざまなサービス分野で音声による対話インターフェイスが活用されています。
ロボットや仮想パーソナルアシスタントが身近になりつつあり、これまでのような情報伝達のため「声」ではなく人とロボットがコミュニケーションするための感情や個性を持った「声」が必要とされています。
弊社では、そのような時代に対応するために新コンセプトサイト「音声合成の声優事務所」を立ち上げ、さまざまな製品・サービスにぴったりの個性的な「音声合成の声優」を提供していきます。

音声合成の声優事務所:http://voicetext.jp/voiceactor/

Speech Synthesis VOICE TEXT

[2016.10.04]

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

2020年5月にVoiceTextはReadSpeakerに変わりました

ReadSpeakerはHOYAの音声合成関連製品のグローバルのブランド名称になります。 ReadSpeakerの音声合成ソリューションは日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ等で展開しています。IVR、車載機、AI対話サービス、放送、Web読み上げサービス等の様々な用途でご利用いただいています。

本リリースに関するお問い合わせ先

HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:https://readspeaker.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/readspeakerjp/
公式Twitter:https://twitter.com/readspeakerjp

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

会社概要

事業部名:HOYA株式会社 MD部門
事業部所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1

音声合成ソフトウェアに関するお問い合わせ HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker 03-6479-7182 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00
Web読み上げサービスに関するお問い合わせ リードスピーカー・ジャパン株式会社 03-6368-5254 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00