NHK Eテレ「人間ってナンだ?超AI(エーアイ)入門」にVoiceTextが採用
~AIと大きな関わりのある音声合成ソフトウェアによるナレーション~

導入事例
2017年03月24日

HOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役 大原幸男)音声ソリューション事業部は、NHK(日本放送協会、本部:東京都渋谷区 会長 上田良一)Eテレにて放送される、教養エンタメ番組「人間ってナンだ?超AI(エーアイ)入門」のナレーションに音声合成ソフトVoiceTextが採用されたことをお知らせします。

人間ってナンだ?超AI(エーアイ)入門

「人間ってナンだ?超AI(エーアイ)入門」は、AI、人工知能の基本となるシステムをやさしく解剖し、そこから人間の本質を考え、楽しく学ぶ超AI入門番組です。
番組のナレーション音声としても、AI、人工知能と大きな関わりのある音声合成のテクノロジーを利用することになり、VoiceTextシリーズのソフトウェア製品より、Micro RISA(リサ、日本語女性)、Micro AKIRA(アキラ、日本語男性)の2種類が採用されました。

また、今回VoiceText製品では初めて、同一番組内へ複数の製品が同時に採用されることとなりました。

NHK番組表

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-03-24&ch=31&eid=2642&f=4380

  • チャンネル
    [Eテレ]
    2017年3月24日(金) 午後10:00~午後10:45
  • 出演者ほか
    徳井義美、
    東京大学大学院工学系研究科准教授 松尾豊
    芥川賞作家、演出家 本谷有希子
    囲碁、棋士名人 井山裕太
  • 詳細
    まるで人間のように相手を見極める「ディープラーニング」という、人工知能の最新技術。今、最も期待のかかる技術は、人間の脳の構造を模し、その情報伝達の仕組みを機会で再現することで実現した。人のパターン認識の積み重ねをデータ化することがカギだったわけだが、では、逆にそこから見えてくる人間の認識の仕組みとは?そもそも、この世界をわかるとは?AIの最前線を理解しつつ、同時に、人間の本質に迫る教養エンタメ

VoiceText × ナレーション作成

VoiceTextを利用することで録音時のリテイク、雑音などを気にすることなく、高品質な音声を作成することが可能です。また、内容の変更も簡単に出来ます。
VoiceText エディタはシンプルかつ直感的に使用することが出来るので、誰でも簡単に効率良く音声ファイルの作成をすることが可能です。

VoiceText エディタ 製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-editor/

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

[2017.3.24]

2020年5月にVoiceTextはReadSpeakerに変わりました

ReadSpeakerはHOYAの音声合成関連製品のグローバルのブランド名称になります。 ReadSpeakerの音声合成ソリューションは日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ等で展開しています。IVR、車載機、AI対話サービス、放送、Web読み上げサービス等の様々な用途でご利用いただいています。

本リリースに関するお問い合わせ先

HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:https://readspeaker.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/readspeakerjp/
公式Twitter:https://twitter.com/readspeakerjp

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

会社概要

事業部名:HOYA株式会社 MD部門
事業部所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1

音声合成ソフトウェアに関するお問い合わせ HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker 03-6479-7182 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00
Web読み上げサービスに関するお問い合わせ リードスピーカー・ジャパン株式会社 03-6368-5254 (法人専用) 受付時間 / 月~金:10:00~17:00