HOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役 大原幸男、以下HOYAサービス)音声ソリューション事業部は、株式会社MJI(本社:東京都港区南青山、代表取締役 トニー シュウ、以下MJI)が開発した、コミュニケーションロボット「Tapia」の音声合成エンジンにHOYAサービスの音声合成ソフトウェアReadSpeaker( 旧VoiceText)が採用されたことをお知らせします。

 

 

ReadSpeaker 感情音声 × Tapia

『Tapia』は、あなたの生活を学習しあなたにあった会話を行なうコミュニケーションロボットです。

喜び・悲しみ・怒りの3感情を表現することが可能な音声合成ソフトReadSpeaker( 旧VoiceText)を採用することで、今までロボットにありがちな淡々とした声色ではなく、自然な会話表現を実現しました。

話しかける内容によって『Tapia』の話す内容は変化し、あなただけのパートナーとなりコミュニケーションをとること可能です。

 

ReadSpeaker( 旧VoiceText)は、従来の音声合成では難しかった多様な話し方が可能です。シーンによって「嬉しそうに」、「悲しげに」、「怒った声で」と感情を表現し、ユーザに話しかけることができます。

ReadSpeaker( 旧VoiceText )の感情合成音声は、お客様の製品・サービスに、ただのナレーションや読み上げに収まらない、豊かなコミュニケーションや個性を提供します。

 

家族を支えるコミュニケーションロボット “Tapia”

『Tapia』は家族を支える多彩な機能を持った、家庭向けコミュニケーションロボットです。

長い一日を終えたあと、タピアは冗談と笑いであなたの心をほっとさせてくれるでしょう。 いつも傍に寄り添い、遠く離れたあなたの大切な人と、ビデオ通話でつなぐ手助けをしてくれるでしょう。さらに、タピアはあなたが出かける時、最新の天気情報を伝え、リラックスしたい時や気分転換をしたい時にあなたに音楽をかけることができます。『Tapia』は次世代のライフスタイルをサポートし、学習するパートナーです。

 

『Tapia』の主な特徴は3つ。「見守り機能」は、一定期間『Tapia』との応答がない場合には家族に通知し、外出先からもモニタリングができるので、離れた家族が見守ることが可能です。「生活サポート機能」では、電話、ビデオ通話、写真撮影、ニュースの読み上げ等、音声によって簡単に操作し、あなたの生活を手助けします。日常会話に感情表現と好感度システムを搭載した「会話機能」は、日々話しかける内容によって応答が変化します。

(2016年6月27日発売)

 

 

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

[2016.7.26]

 

株式会社MJI

株式会社MJI

東京都港区南青山2-29-9

TEL:03-6434-9191

製品ホームページ:http://mjirobotics.co.jp/

公式Facebook:https://www.facebook.com/MJI.Inc/

 

 

2020年5月にVoiceTextはReadSpeakerに変わりました

ReadSpeakerはHOYAの音声合成関連製品のグローバルのブランド名称になります。 ReadSpeakerの音声合成ソリューションは日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ等で展開しています。IVR、車載機、AI対話サービス、放送、Web読み上げサービス等の様々な用途でご利用いただいています。

 

 

本リリースに関するお問い合わせ先

HOYA株式会社 MD部門 ReadSpeaker
TEL:03-6479-7182
製品ホームページ:https://readspeaker.jp
公式Twitter:https://twitter.com/readspeakerjp

※ 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
 
 
 

会社概要

事業部名:HOYA株式会社 MD部門

事業部所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1